海を渡った応援団。。。

18,march,2009             

2009年3月18日(現地時間)

渡米初日の疲れからか?私も次男坊もベッドでくっついて爆睡していました。朝、高橋OMに起こされるまで完全に寝ていました(爆)
朝食は毎朝、高橋OMお手製のミックス野菜ジュースでした。そう言えば初日のご自宅に着く前に寄ったスーパーでこれでもか?と言うくらいに野菜を沢山買っていたのはこのためだったのですね。このジュースはとてもフレッシュでもの凄く美味しかったです。また日本でも是非飲ませて下さいね!!

少し買い物をしながらN6TI/秋池OMのご自宅へ向かう事に。。。途中時差ボケで少し体調を崩し掛けた次男坊がトイレへ行きたいと言うので高橋OMが買い物をしている間に近所にあったマクドナルドへ。。。二人で入るマクドナルドでさえも日本と違って多少緊張しました(笑)でも店内は日本と一緒ですね。飛び交う言葉が英語なだけ。。。そう思ったら少しは度胸も付いてきたような。。。(笑)

そこから車でフリーウェイを使って向かいます。フリーウェイを下りて段々と市街地から離れていき、辺りも岩場が出ている砂漠と山々の景色だけになっていきます。走っている途中で右手の山の上にタワーが二本!そしてその一本に7MHzの3エレと見られる大きなANTが見えました!いよいよか?と思っていたら向かっている方向はそのANTからはどんどん離れていきます。。。のちに秋池OMからそのANTが昔、コンテストで良く聴いたK6NAのANTだと教えて貰いました。あれだけの強力な電波をコンテストの時に飛ばしてきてた流石のロケーションでした。

それから程なくして山の中腹の大きな鉄製の門の前に着きました。その時点でスケールの大きさを感じました。当然、自動で門は開き車で中へ進みます。山を登った山頂に見えてきましたでっかいANTが!!まぁるいエントランスにやはりオレンジ色の屋根で平屋造りのまさにアメリカンな豪邸が現れました!!ガレージにはナンバープレートがN6TIの車が置いてあります。車を止めると家の中から真っ黒に日焼けしたN6TI/秋池OMが迎えてくれました。OMとは2年前に近所のジャスコの屋上でモービルから7MHzでQRVしていたときに呼んで頂いてとてもビックリして今でもそのQSOの事を鮮明に覚えている程です。そのOMとまさかアイボールが出来るなんて。。。

挨拶も程々に家の中へ招き入れて頂きました。奥様のVickyさんともご挨拶。日本語がちょびっとだけのVickyさんと英語がちびっとだけの私で奇妙な会話になっていました(笑)早速、シャックを案内して頂いてから家中を案内してくれました。ゲストルームが沢山あって今度また渡米のチャンスがあったら泊めて頂きたいです(爆)
シャックにはIC-7700とFT-920、それにIC-PW1がありました。私がQSOしたのはこのFT-920なのですね!
リビングでビールを頂きながらしばし歓談を。。。家中に日本の飾り物がしてあってアメリカンと融合されていてとても素敵なご自宅です。庭の果実園にも案内して貰いました。とても日差しが強くて果実には最高の気候の様です。日本では見た事のない果実が一杯でした。そして日本にいるのとは似ても似つかないトカゲ。。。大きさは日本のトカゲより少し大きくしたくらいで両手の上に乗るくらいですが、顔が。。。良くTVでも見るガラパゴス大トカゲと同じ顔してるじゃないですか。。。それでも次男坊は果敢に捕まえて遊んでいました。庭には大きなプールもあって底ではお掃除ロボットが動いて居ました。その横では何やら建築中の建物が。。。お話によるとこのプールの為のシャワールームと更衣室になるのだと言う。。。設備はまだ何も設置されていなかったがこの部屋にケーブルを引き込んで住みたいと思わせる感じの建物でした。丁度職人さんが来ていてVickyさん特注の扉にステンシル調の柄を書いていました。外にはまだ2歳くらいだという愛犬のSabu-chanが居ました。黒い毛が艶々で綺麗なラブラドールレトリーバーとゴールデンレトリーバーのMIXです。最初こそは初めての訪問者で興奮して吠えていましたがなれると従順でとても可愛いワンコです。犬好きの次男坊は帰り際までSabu-chanと付きっきりでした。そして色々と案内をして頂いてこの時点でビールは3本くらい空けていたでしょうか。。。

              

Vickyさんお手製の豪華な料理をご馳走になりました。次男坊の目的の一つ、分厚いステーキを昼間から沢山焼いてくれて黙々と食べました。とても美味しかったぁ〜!気を遣ってくれたのか?お刺身まで用意されています。秋池ご夫妻から色々な旅行のお話なども聞いて食事もどんどん進みます。この時点でビールは5本くらい?
食事中に庭に設置されているシュガーウォーターの所になにやら鳥が来ています。日本で言うハチドリです。アメリカではハニーバードというらしいのですが砂糖水を飲みに来るのだという。羽を人間の目では見えないようなスピードで羽ばたいてホバリングをしながら飲んでいます。近くで聞くとハチの様にブーンと言う音がするのだそうです。他にもオリオールや野ウサギも沢山来ていました。

そして私はいよいよシャックからW6/JN1NDYの運用を開始です。日本とアメリカでは相互運用協定が結ばれていますので日本のライセンスのまま、特に申請などは必要なく運用できます。アメリカ人が日本で運用する場合には申請が必要だしコールサインも日本のコールサインを取らないといけないのは若干相互の言葉からは違うかな?と感じますが。。。アメリカ人も勝手にJA1/NY6Xとかで運用できる様にすれば良いのにね!
一応高橋OMから言われたように日本での免許証と免許状は用意しておきました。
丁度日本時間では朝6時くらいでしょうか?18MHzを聞きますが日本は聞こえていない様子です。14MHzを聞きます。ビーコンになるであろう?小田原のJE1LET-OMが良くUSやカリブとNETを行っている14.240くらいを聞きますが聞こえてきません。。。ダメ元でCQJAを出しますが呼ばれません。。。condxが悪くパスが無いのか?CQを止めてしばしワッチ。すると14MHzのCWでJAの信号がはっきりと聞こえてきます。どこかカリブでも呼んでいるみたい。。。そのまま14MHzのSSBで再度CQJAを出します。何度目かで横浜市のJA1FNO-OMが呼んでくれてW6/JN1NDYの1st-QSOが出来ました。普段日本で聞くのと信号の強さも当然違うし、日本ではQSBが無いのがアメリカではQSBもあって何だか違った雰囲気を感じました。
暫くお話した後からは少しずつJAから呼ばれ始めました。こちらのシステムはIC-7700+IC-PW1(1kW)でANTは30mHの6エレモノバンダーです。そこそこの信号でJAにも届いている様子です。3局目にはローカルのJM1IGJも呼んできてくれてQSO!他にも普段ではお話さえも出来ないJA1HGY-OM、JE1LET-OM、JA1WLO-OM、JF1IRW-OM、JF1RYU-OMなどなど超DX'erのOMから沢山呼んで貰えました!
そしてWBCの応援に来ている事を告げると皆さんから日本でTVを見て応援していますから私たちの分まで現地で応援して下さいと言われました。皆さん前日の韓国戦の悔しさをTVで味わっていらっしゃった様でした。6mでは何度もQSOしていた新潟のJH0RNN/五十嵐さんも呼んできてくれてこれまた日本で聞く以上に強い電波にこれでは一緒にパイル呼んでも無駄なんだ。。。と(汗)帰国してOMのブログをみるとその時の事が書かれていてそのタイトルが”海を渡った応援団”でした。
全部で約1時間、約30局のログインをしてW6/JN1NDYの運用をCLしました。たった1時間でたったの30局。しかもたかがW6ですがとても楽しい初海外運用でした。これからのDX-Vacationもありかも。。。(笑)
運用中のシャック内の気温は30度近くに上がっていました。リニアアンプを全開で使っていた事もありますがとても暑かったです。それでも気候がさらっとしているからなのでしょうか?汗をかく事は殆ど無く上にトレーナーを着たままでも全然平気でした。運用中にも秋池OMが次から次へビールを持ってきてくれてこの時点ではもう何本空けたか分からなくなっていました(汗)


  

運用を終えると家の中には誰も居なくて何だか外から声がします。次男坊はSabu-chanと広い庭一杯に走り回って遊んでいます。Vickyさんは庭中に沢山植えられている花の手入れ。高橋OMと秋池OMはANT談義。勿論ANT談義に加わって色々と話しを聞きます。7MHzの3エレが上がった40mHの支線式タワーは秋池OMが息子さんと一緒に建てたとの事、でかいANT群も全てご自分で組立から建設までやってしまうとの事。単位が何エーカーと言う広大な敷地。倒れても被害は少ないと言うか他人への被害はゼロ。それにしても建設中の危険はあるわけで。。。アメリカンドリームも苦労なくしては有り得ないのですね!見習わなくては。。。
  
秋池OMが倉庫(立派な建家なのだが)へ案内してくれた。開けると今は使っていないフロアタイプのリニアアンプが数台。。。あげるから持っていって良いよ。。と。。流石に持って帰るわけにはいきませんでしたが今現在の設備とロケーションで十分過ぎで必要ないのだと。。。ごもっともです。。。
その隅に見た事のある物が。。。昔懐かしいBCLラジオクーガー2200がありました。しかもUSバージョンでFMは日本と比べて周波数は少し上の方。そしてクーガーの文字は何処にもありません。ロッドアンテナは折れていますが外観は綺麗です。私がアマチュア無線を始めるきっかけになったラジオです。すると秋池OMがまたもや持って帰って良いよと。。。お金を払いますから譲って下さいとお願いしますがあげるあげると。。。それでは遠慮無くと頂いて帰ってきました。今では子供部屋(近々シャックになる)で動作中です。

楽しい時間が過ぎるのはとても早く夜のWBC観戦もありますのでお別れです。渡米の直前に実父を亡くし、秋池OMが父親とダブって何だか寂しい気持ちでした。とても親切にしてくださって有り難うございます。Vickyさんからは沢山の美味しい手料理を振る舞って頂いて、愛犬Sabu-chanも次男坊と沢山遊んでくれて本当に本当にアットホームなおもてなしをして頂いて有り難うございました!またアメリカへ行く事があれば必ず必ず立ち寄ります。その時にはまた宜しくお願い致します。


高橋OMの自宅へ一旦戻って少し休憩。。。
夕方、キューバ戦応援の支度をしていざペトコパークスタジアムへ!!
昨日とほぼ同じ時間に到着。昨日は私だけが帽子を被っていなかったのが敗因と分析してまたまたグッズショップへ。高橋OMと次男坊、私とこれで3人お揃い帽子でスタジアム内へ。今日は3塁側。丁度日本代表も3塁側でラッキーでした。席もダッグアウト上の少しバッグネット寄りの位置。少し斜め前の特別席には前代表監督の王監督が目の前に居ました。最高の位置ですね。
霧の濃い夜でした。そのせいか時間が経つにつれて寒さが出てきて手が悴んできます。ライトで守るイチロー選手が霞んで良く見えません。流石に日本サイドですね。周りは日本人だらけです。まるで日本の球場で観戦している感じです。日本では小笠原の打球をキューバ選手が落としたのを濃霧のお陰となっていた様ですがあれば霧は関係なくただのエラーだったように見えました。
試合も皆さんご存知の様にキューバに大勝!翌日また韓国との対戦となりました。そうです。これで当初の目論見通りサンディエゴの3日間で3試合を全て観戦できる事が決まったのです!!何というラッキーでしょうか?唯一の可能性が現実になってしまいました。
この試合はキューバの相次ぐ選手交代で時間が掛かってしまい、スタジアムを出る時点日付が変わってしまっていました。やはり夜8時開始ってのは遅すぎですね。。。
帰りの道中も凄い濃霧でフリーウェイを走っていても目の前が全く見えていません。夜遅くなので走っている車が少なかったので良かったですが。。。運転の高橋OM本当にお疲れさまでした。

 

Back <<  >> Next